wifi 安い

一番安いwifiは結局どこなのか?まとめました
wifiは、なるべく安く利用したいですよね。 でもどこの業者も料金体系が複雑で、ぱっと見ただけでは、結局いくらかかるのかわかりません。一番安いwifiと契約するにはトータルコストに注目するのがコツです。初期費用、月額料金、バックや特典でどれだけ還元されるのかを計算して、トータルコストを比較することで、一番安いwifiを探すことが出来ます。
当サイトの情報は、2017年6月の最新データとなります。古い情報を提供している情報サイトが散見されますので、ご注意ください。
一番お得にwifiを契約する方法
3つのポイントを踏まえて選べば安心!

ポイント1.月額料金が安いものを選ぶ!

安いwifiを選ぶには、やはり月額料金が重要です。この月額料金が安い機種だと、トータルで支払う料金が当然安くなりますので、必ずチェックしましょう。最近では、24か月(2年)契約の端末が多いです。25か月以降は月額料金が高くなる端末が結構あります。それもチェックしたうえで、24か月後の解約月にきっちり解約して、次の機種に乗り換えることも、安くwifiを利用するコツです。25か月目に突入すると月額料金が高くなり、さらに24か月契約がスタートし、また2年間解約しづらくなります。その間に解約すると、解約料が発生します。

ポイント2.初期費用・端末料金とバックを含めたトータルコストを比べる!

wifiを安く契約するには、初期費用や端末料金と、特典でついてくるキャッシュバックやポイントバックをすべて計算し、トータルコストで比べて安いものを選ぶのがおすすめです。バックが多いと、意外と安くなる時があります。24000円のキャッシュバックなら、24か月間1000円月額料金が安いのと同義ですからね♪面倒ですが、このトータルコストを一度計算して、比べてみましょう。

ポイント3.容量制限とLTE機能をチェックする

いくら安く契約できても、利用状況に合っていない端末を契約してしまうと、オプション利用料を払ったり、別のサービスに新たに加入したり、解約に踏み切って解約料を払ったり、支出がかさみます。そうすると、トータルコストで高くついてしまいますので、契約の前に、ご自身の利用状況にちゃんと合っているのかどうか、先にチェックしましょう。ポイントは二つで、容量制限とLTE機能。容量制限は、通常のインターネット閲覧やメールの送受信程度の利用状況ならあまり気にする必要はありませんが、動画視聴やゲーム利用の予定があると、制限に引っかかる可能性があります。また、LTE機能は、携帯の電波を利用してインターネット通信ができるので、利用できるエリアが広がります。地方にお住まいの方は、LTE機能無料のワイモバイルの方が安心して利用できるでしょう。

2017年ver!最新安いwifiランキング

※当サイトでは消費税8%込の値段ですべて統一して掲載しております。

※ユニバーサル利用料は少額のため、すべて省いて計算しております。

超激安!
ヤフーwifi
506HW
GMO
W04・W03他
@nifty
WX03・W03
スマモバ
FS030W
ヤフーwifi GMOとくとくBB @nifty スマモバ
電波 ワイモバイル WiMAX2+ WiMAX2+ docomo回線
LTE
利用
0円 1,085円 1,085円 0円
端末
費用
0円 0円 0円 0円
初期
費用
3,240円 3,240円 3,240円 3,240円
月額
料金
2,678円
(ヤフープレミアム代が別途498円必要、加入済なら不要)
2か月3,898円
4,730円
3か月0円
4,698円
4,298円
契約
年数
3年 2年 2年 2年
容量
制限
月間7GB 3日10GB
(ギガ放題)
3日10GB
(ギガ放題)
状況により
3日3GB
特典 12か月間月額
2,138円
キャッシュバック最大
31,800円
キャッシュバック
20,000円
最大3か月間月額0円
なし
月平均 2,588円 3,355円 3,412円 4,298円
詳細 ヤフーwifiは、506HWが12か月間2,138円(税込)、その後も3年間まで月額2,678円(税込)と激安キャンペーン中なので今圧倒的におすすめです。LTE機能が標準装備でこの料金とは、かなり安いwifiであると言えます。ヤフーwifiはヤフープレミアムに加入必須となりますが、6か月無料付き。ヤフープレミアムは、ファーストフードや居酒屋のクーポンが大量にありますから、それらを使い倒すとさらにお得。また、すでに加入済みの方なら、ヤフーwifiで決めてしまって間違いないでしょう 安いwifiランキング2位は、GMOとくとくBBのWiMAX2+ギガ放題プランです。現在、最大で31,800円というキャッシュバックが付いています。GMOは月額が高いですが、超高額キャッシュバック付きなのが特徴。トータルコストが月平均3,300円前後となり、キャッシュバックを受け取りさえすればかなり安くなります。2016年秋から即日発送にも対応。解約も電話一本でOKで、サポートも充実しています。 安いwifiランキング3位は、@ニフティのWiMAX2+ギガ放題プランです。@ニフティでは現在20,000円のキャッシュバックが付いており、トータルコストが月平均3,412円と2位のGMOとくとくBBとほぼ同等の安さ。@ニフティは充実サポートで、キャッシュバックを受け取りそびれる心配もなし。また、現在ギガ放題で、最大3か月間の月0円と超安いキャンペーンをやっていますので、とてもお得になっています。 スマモバは、今話題の無制限格安simとsimフリーwifiルーターの一体型プランです。月額は他の3社と比較すれば安くありませんが、LTE機能が標準装備で1か月の制限がないので、コスパが良い、安いwifiと言えます。回線はドコモ回線のLTE機能が標準装備。2年目から解約料がないのも良心的で、ワイモバイルやWiMAXは3年目から月額が高くなったり、さらに2年の契約更新で解約料が発生したりするので、そう考えるとトータルで安くつくwifiであると言えます。
URL ヤフーwifi GMOとくとくBB WiMAX2+ @nifty ※現在発売休止中
今一番安いwifiは、ヤフーwifi♪
ヤフーwifi公式サイトのキャプイメージ 2017年6月現在、一番安いwifiは、ヤフーwifiです。月額料金が税込3,000円を切る、数少ない貴重な安いwifiとなります。2015年に行われた各社プラン変更以降、wifiの料金は全体的に上がり、月額4,000円〜4,500円が相場。その中でヤフーwifiは激安端末で506HWがキャンペーン中ですので、ぜひお急ぎください。

※2017年6月現在、6月30日までのキャンペーンとして、3年間ずーっと月額が2,678円(税込)という破格のキャンペーンを行っていますので、今がお得です。さらに、最初の12か月間は月額が税込2,138円という破格の料金になっています。WiMAXは有料の「LTE機能」が無料でこの料金とは、安すぎます。

ヤフープレミアムには加入必須になりますが、クーポンを使い倒せばさらに安くなるかも。LTE機能が標準装備ということは、地域的な意味でも屋内的な意味でも、電波の入りがWiMAXよりも圧倒的にいい、かつ安い、ということで今一番おすすめの安いwifiです。ライトユーザーにおすすめ。
2017年2月2日、WiMAX
容量制限が大幅緩和!
3日3GB⇒3日10GB、制限時スピード⇒緩和、制限解除のタイミング⇒緩和
朗報!WiMAX2+がほぼ無制限に戻りました!
イメージ画像052017年2月2日より、WiMAX2+ギガ放題プランが、各社一斉に3日3GBだった容量制限が3日10GBに緩和されました。これにより、従来制限なしwifiとして人気を誇った2015年までのWiMAXのように「ほぼ無制限で安いwifi」に戻ってきたと言えます。

容量制限とは?
WiMAXの容量制限の10GBってどれぐらい?

ただし、携帯電話の電波も一部利用できるLTE機能は相変わらずオプションですので(1度でもスイッチを入れたら月額プラス1,084円(税込))、LTE機能が標準装備のヤフーwifiと比較すると、電波は劣ります。(ヤフーwifiは地下でも比較的電波が入りますが、WiMAXなら絶対無理です。)

しかし、制限が緩和されたことにより、事実上の値下げのようなものあり、安いwifiをお求めで、よりたくさんwifiでインターネット通信したいユーザーにとっては、使い勝手の良いwifiに戻ったと言えます。

キャッシュバックなしで月額が安いwifi!WiMAX編!

トップイメージ062017年現在、安いwifiでWiMAXを選択する際のトレンドは、「キャッシュバック等の特典はいらないから、月額料金が安いWiMAXがほしい!」というものになります。2016年はwifiを安く利用するのにWiMAXを選択するなら、「高額キャッシュバック型」がトレンドでした。2017年現在もトレンドではあります。

しかし、キャッシュバックの受け取りそびれの不安などから、トータルコストは少し高くなっても、直接月額料金が安いWiMAXを選択する方が増えています

こちらでは、「キャッシュバックなしで月額が安いWiMAX」をご紹介します。

ただし、従来通り、キャッシュバック型のほうがトータルコストは安いです。キャッシュバックを受け取ってでも、トータルコストが安いことにこだわりたい方は、「高額キャッシュバック型WiMAX」をお勧めします。(⇒高額キャッシュバック型WiMAXランキング
GMOとくとくBB WiMAX2+ ギガ放題
GMOとくとくBB WiMAX2+のキャプチャ2
GMOとくとくBBのキャッシュバック無しプランが値下げ!月額がダイレクトに安い!もちろんギガ放題!
即日発送可能
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:3,612円(税込)
(2か月間は2,905円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバックはなし
1か月あたり:3,688円(税込)
Broad WiMAX ギガ放題
Broad WiMAXギガ放題のHPキャプチャ
キャッシュバック無しがやっぱりお得!月額がダイレクトに安くて即日発送可能のWiMAX!もちろんギガ放題!
即日発送可能
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円(18,857円割引適用時)
・一か月の利用料金:3,684円(税込)
(2か月間は2,944円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバックはなし
1か月あたり:3,726円(税込)
SO-NET WiMAX2+ ギガ放題
SO-NET WiMAX2+ ギガ放題のキャプチャ
SO-NETの月額大幅割引プランもお得!月額がダイレクトに安くて充実サポート!もちろんギガ放題!
・3〜7日後到着
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:3,974円(税込)
(2か月間は1,814円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバックはなし
1か月あたり:3,929円(税込)

高額キャッシュバックでトータルコストが安いwifi

トップイメージ07できるだけ安い料金でwifiを利用したいとお考えのユーザーの方にとって最強なのは、やはり高額キャッシュバック型のトータルコストが安いwifiです。24,000円のキャッシュバックなら、24か月間月額料金が1,000円引きと同義です。当サイトではすべてトータルコストを計算しておりますので(毎月のキャンペーンを反映)、数字を見れば一目瞭然。どこまでも安いwifiにこだわりたい方は、トータルコストを見て一番安いwifiを選ぶことをお勧めします

ただし、高額キャッシュバック型は、キャッシュバックを受け取ってこそ、という点がデメリットとして挙げられます。というのも、受け取りは早くても半年後、ほとんどは1年後くらいになります。キャッシュバックの連絡は大抵メールで来ますので、メールを受け取れる環境にあれば問題ないですが、受け取りそびれが怖い方は、月額がダイレクトに安いwifiの方が良いかもしれません。(⇒キャッシュバックなしで月額が安いWiMAXランキング
GMOとくとくBB WiMAX2+ ギガ放題
GMOとくとくBB ギガ放題接続サービスのHPキャプチャ
一番キャッシュバックが高額!トータルコストで一番安いWiMAX2+!
即日発送可能
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,604円(税込)
(初月無料・2か月目と3か月目は3,898円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバック最大31,800円
一か月あたり:3,355円(税込)
@nifty WiMAX2+ ギガ放題
nifty WiMAX2+ ギガ放題のHPキャプチャ
安心の老舗プロバイダー・ニフティ!キャッシュバックが高額で受け取り方法わかりやすい!
・約4営業日後発送
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,698円(税込)
(3か月間は0円)
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバック最大20,000円
1か月あたり:3,412円(税込)
公式サイト⇒ @nifty
DTI WiMAX2+ ギガ放題
DTI WiMAX2+ ギガ放題のHPキャプチャ
DTIはギガ放題と制限ありプランの変更が可能!利用少ない月は安く済ませることが出来る!
・約4営業日後発送
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,644円(税込)
(2か月間は3,780円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバック29,000円
1か月あたり:3,499円(税込)
公式サイト⇒ DTI WiMAX2+
SO-NET WiMAX2+ ギガ放題
SO-NET WiMAX2+ ギガ放題のキャプチャ
安心の大手プロバイダー・ソネット!高額キャッシュバックで受け取り方法わかりやすくて安心!
・3〜7日後到着
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,514円(税込)
(初月無料・2か月目と3か月目は3,991円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバック20,000円
1か月あたり:3,866円(税込)
BIGLOBE WiMAX2+ ギガ放題
biglobe WiMAX2+ ギガ放題のHPキャプチャ
安心の大手プロバイダー・ビッグローブ!高額キャッシュバックがお得
・約4営業日後発送
・電波:WiMAX2+
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,730円(税込)
(2か月間は3,991円(税込))
・LTE利用:1,085円
・容量制限:3日10GB
キャッシュバック20,000円
1か月あたり:3,970円(税込)
公式サイト⇒ BIGLOBE WiMAX 2+

LTE機能もあって無制限で利用できる安いwifi

トップイメージ08ここまでご紹介してきました通り、安いwifiをお探しの場合のポイントは「容量制限」と「LTE」機能ですワイモバイルは電波が良くて(LTE機能標準装備)容量制限が厳しく(1か月7GB、制限時は月末まで低速)WiMAXは電波がまずまずで(LTE機能はオプション)容量制限は甘めです(3日10GB、制限時は約半日間低速制限)

ですが、LTE機能も使えて、容量制限がなく、かつ安いwifiがいい!というユーザーの方もいらっしゃることでしょう。こちらでは、あまり選択肢は有りませんが、LTE無料で容量制限がなくて安いwifiをご紹介します。wifiを使い倒したい!という方に特におすすめになります。

デメリットは、料金がやや割高な点です。また、1か月の容量制限はなくても、3日間の制限は有りますので、こちらも注意して選択することをお勧めします。
スマモバ
スマモバのキャプチャ
ドコモLTEが使えて3日3GB制限!2年目以降の契約の自動更新なし!
翌営業日発送
・電波:docomo回線
初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:4,298円(税込)
・LTE利用:無料
容量制限:無制限
1か月あたり:4,382円
2016年11月より3日3GBの制限開始しました

※現在発売休止中

安いwifiなら、やっぱりワイモバイルが最強!

トップイメージ09安いwifiをお探しの方のために様々なwifiルーターをご紹介してまいりましたが、やっぱり安くwifiを利用するには、ワイモバイル(ポケットwifi)が最強であることがお分かりいただけたかと思います

繰り返しになりますが、ポイントは「LTE機能」と「容量制限」。WiMAXには容量制限がほぼないものの、LTE機能はオプションになっており、電波には少し不安が残ります。LTEスイッチを入れれば、電波はかなり良くなりますが、WiMAXのLTEは料金が高くなり(月額プラス1,085円、利用した月のみ課金)、せっかく安い料金の端末を契約しても、あまり関係なくなってしまいます

その点、ポケットwifiであるワイモバイルは、LTE機能が標準装備で利用無料。それで、月額3,000円を切る料金なのですから、安いwifiをお探しの方には、管理人はワイモバイルを強くお勧めします。外出先でも、WiMAXよりワイモバイルの方が圧倒的に電波が入ります。地下や乗り物の中でも割と電波が届きますよ。

ただし、ワイモバイルのデメリットは「容量制限」が1か月で7GBと厳しい事。制限を受ければ、月末まで制限解除されません。つまり、ライトユーザー向けではあります。

1か月7GBという通信量がどれくらいか?というところですが、動画を見なければそんなに簡単に到達する通信量ではないので(⇒ワイモバイルの容量制限の7GBってどれぐらい?)、7GB以上通信するかどうか?ご自身の利用予定を考えながら、ワイモバイルにするかWiMAXにするか選択し、その中で安いwifiを契約されてはいかがでしょうか
ヤフーwifi 506HW
ヤフーwifi 506HWのキャプチャ
安いwifiはヤフーwifiが最強!12か月間月額1,980円(税抜)キャンペーン実施中!
即日発送可能
・電波:ワイモバイル
・契約年数:3年
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:2,678円(税込)
12か月間は2,138円(税込))
LTE利用:無料
・容量制限:1か月7GB
・キャッシュバックはなし
1か月あたり:2,588円(税込)
公式サイト⇒ ヤフーwifi 506HW
NEXT mobile 501HW
NEXT mobile 501HWのキャプチャ
ワイモバイルならNEXT mobileもお得!クレジット支払いなら容量制限が10GBアップで17GB!
即日発送可能
・電波:ワイモバイル
・契約年数:26か月
・初期費用:3,240円
・一か月の利用料金:2,981円(税込)
LTE利用:無料
容量制限:1か月17GB
※要クレジットカード払い
・キャッシュバックはなし
1か月あたり:3,105円(税込)
公式サイト⇒ ネクストモバイル
wifiを利用するなら、なるべく安く利用したいですよね。月額で料金を支払うものですから、数百円の違いでも年間で大きく料金が変わってきます。しかし、公式サイトで見ても、結局いくらかかるのかがイマイチわからないところが多くみられます。安さを謳っていても初期手数料が多くかかったり、容量制限があったり、オプションに入らなければいけなかったり、最近のwifiの料金体系は複雑化しています。当サイトでは、様々な利用条件によって「結局どこが一番安いの?」「結局どこが一番お得にWiFiを利用できるの?」といった疑問に焦点を当てて、詳しく解説いたします。