wifi 安い 相互リンク

一番安いwifiは結局どこなのか?まとめました
wifiは、なるべく安く利用したいですよね。 でもどこの業者も料金体系が複雑で、ぱっと見ただけでは、結局いくらかかるのかわかりません。一番安いwifiと契約するにはトータルコストに注目するのがコツです。初期費用、月額料金、バックや特典でどれだけ還元されるのかを計算して、トータルコストを比較することで、一番安いwifiを探すことが出来ます。
当サイトの情報は、2017年6月の最新データとなります。古い情報を提供している情報サイトが散見されますので、ご注意ください。
一番お得にwifiを契約する方法
3つのポイントを踏まえて選べば安心!

ポイント1.月額料金が安いものを選ぶ!

安いwifiを選ぶには、やはり月額料金が重要です。この月額料金が安い機種だと、トータルで支払う料金が当然安くなりますので、必ずチェックしましょう。最近では、24か月(2年)契約の端末が多いです。25か月以降は月額料金が高くなる端末が結構あります。それもチェックしたうえで、24か月後の解約月にきっちり解約して、次の機種に乗り換えることも、安くwifiを利用するコツです。25か月目に突入すると月額料金が高くなり、さらに24か月契約がスタートし、また2年間解約しづらくなります。その間に解約すると、解約料が発生します。

ポイント2.初期費用・端末料金とバックを含めたトータルコストを比べる!

wifiを安く契約するには、初期費用や端末料金と、特典でついてくるキャッシュバックやポイントバックをすべて計算し、トータルコストで比べて安いものを選ぶのがおすすめです。バックが多いと、意外と安くなる時があります。24000円のキャッシュバックなら、24か月間1000円月額料金が安いのと同義ですからね♪面倒ですが、このトータルコストを一度計算して、比べてみましょう。

ポイント3.容量制限とLTE機能をチェックする

いくら安く契約できても、利用状況に合っていない端末を契約してしまうと、オプション利用料を払ったり、別のサービスに新たに加入したり、解約に踏み切って解約料を払ったり、支出がかさみます。そうすると、トータルコストで高くついてしまいますので、契約の前に、ご自身の利用状況にちゃんと合っているのかどうか、先にチェックしましょう。ポイントは二つで、容量制限とLTE機能。容量制限は、通常のインターネット閲覧やメールの送受信程度の利用状況ならあまり気にする必要はありませんが、動画視聴やゲーム利用の予定があると、制限に引っかかる可能性があります。また、LTE機能は、携帯の電波を利用してインターネット通信ができるので、利用できるエリアが広がります。地方にお住まいの方は、LTE機能無料のワイモバイルの方が安心して利用できるでしょう。

相互リンク

当サイトは相互リンク承ります。

 

当サイトは、「wifi安い」に関するサイトです。
wifi、モバイルwifi、ポケットwifi、その他のインターネットサービス、またその値段に関することや安く購入するコツなどを記載したお役立ちサイトなど、当サイトのテーマに関連するWEB媒体様は歓迎いたします。

 

ただし、ギャンブルサイト・アダルト系サイトなど、当サイトとの相互リンクには不適切だと判断した場合は、お断りさせていただくことがございます。
そのようなサイトに該当する場合は、申請していただかなくて結構ですので、最初からお控えください。

 

有料サイト様で相互リンクをしていただける方は当サイトへのリンクを貴方サイトに貼りつけた後、運営者情報に掲載しております連絡先に、メールにてご連絡ただけますでしょうか。
こちらで確認後、ご連絡の後、当サイトからもリンクを貼らせていただきます。

 

ただし、仕事の状況によりすぐに対応できるかはわかりません。
タイミングによってはご連絡をお返ししない場合もございます。
予めご了承くださいませ。