ポケットwifi 無制限

無制限のポケットwifiなんて存在しない!探しても無駄な理由まとめ

当サイトにご訪問の方は、制限なしで利用できる無制限のポケットwifi(PocketWiFi)をお探しじゃないでしょうか。

 

持ち運びができるポケットwifiですが、工事なしで利用開始できるポケットwifiを自宅のメイン回線として利用する方も非常に多いです。

 

ですが、結論から言うと、ポケットwifiで無制限で利用できるものはありません。存在しませんので、探しても無駄な労力となります。

 

しかし、恐らくご訪問者様がお探しの情報は、「無制限で使える持ち運びwifi」の事かと思います。

 

こちらでは、無制限のポケットwifiが存在しない理由と、無制限で使える持ち運びwifiについて詳しく解説します。

そもそもポケットwifiとは

まず最初にご説明したいのですが、多分ご訪問者様がイメージするポケットwifiとは、持ち運び出来るモバイルwifiルーターの事ではないかなと思います。

 

しかし、そうだとすると誤解があるのですが、「ポケットwifi」とは、「ワイモバイルから発売されているモバイルwifiルーター」の登録商標名になり、ワイモバイル商品の事を指します。

 

なので、WiMAXやNTTドコモから発売されているモバイルwifiは、正確にはポケットwifiではありません。

 

その正確な意味で言えば、無制限のポケットwifiとなれば、ワイモバイルから発売されているwifiモバイルルーターであり、月間の通信上限なしに利用できるモバイルwifiルーターとなります。

正確な意味の無制限ポケットwifiはコレのみ!

その正確な意味でのワイモバイルから発売されている無制限ポケットwifiは、ワイモバイルから発売されているモバイルwifiルーターになり、現在では603HWという端末になります。

 

ワイモバイルの公式でも購入できますが、料金の割引があるヤフーで購入するのがお得になります。

 

ヤフーwifiの上限ナシプランは、その名の通り、上限ナシで利用できるのですが、WiMAXと同様に3日10GBの容量制限があります。

 

また、ワイモバイルから発売されているポケットwifiは、LTE機能が標準で利用できて、エリアが広いことで人気があるのですが、上限ナシプランのLTE通信は月間7GBまでの通信となり、上限を超えると低速に制限されます。

 

その場合、端末を標準モードからアドバンスモードへ切り替えて速度が戻るのですが、この時のエリアはAXGPエリア内となっており、要は3Gエリア内のみで、狭くなります。

 

つまり、結論を言うと、無制限で利用できるポケットwifiはない!ということになります。

おそらく訪問者様は…

ここまで、「正確な意味での無制限ポケットwifi」についてご説明してきましたが、ご訪問者様が知りたいのは、より無制限に近い状況で利用できるモバイルwifiルーターで、一番おすすめなのはどれ?ということでしょう。

 

それなら答えは、GMOとくとくBBから発売されている WiMAXの得の極みキャンペーンがおすすめです。

 

GMOとくとくBBから発売されているのはWiMAXになりますが、WiMAXも厳密には完全無制限ではありませんが、現状一番無制限に近い状態で利用できるポケットwifi(モバイルwifi)になります。

 

1か月の容量制限は無制限で、3日10GBという制限もありますが、3日10GBの制限に引っかかっても、解除までの期間は1日となっています。

なぜ無制限のポケットwifiで、GMO得の極みキャンペーンがおすすめなのか

現状一番無制限に近い状態で利用できるポケットwifi(モバイルwifi)はWIMAXになりますが、WiMAXは多くのプロバイダーが販売しています。

 

その中で、どうしてGMOの得の極みキャンペーンがおすすめなのか、解説します。

 

2年契約である

 

GMO WiMAX得の極みキャンペーンは、契約年数が2年契約になります。

 

WiMAXの事をご存知の方や、今まで利用したことがある方はわかると思いますが、契約年数は2年が主流で、昔は1年というプランもありました。

 

しかし、最近のWiMAXは3年契約が主流となっており、ソネットやDTIなど、3年契約WiMAXしか販売しないプロバイダーも出てきている状態です。

 

3年契約には、LTE利用無料という大きなメリットがあるのですが、縛りが長くなると、乗り換えがしにくくなる、解約時期を忘れやすいといったデメリットがあります。

 

また、3年契約WiMAXは、月額料金が上がる傾向もあります。

 

その中で、GMO WiMAX得の極みキャンペーンは2年契約。

 

さらに最大スピードがグッと速くなった最新端末W05も契約できるのがメリットです。

 

月額割引型である

 

上述の通り、WiMAXは3年契約と2年契約に大きく分かれるのですが、もう一つ大きく分かれるのが、月額割引型かキャッシュバック型かというプラン形態です。

 

月額割引型は、月額料金がダイレクトに安いプランですが、その代わりキャッシュバックやポイントバックといった特典はありません。

 

キャッシュバック型は、月額料金がやや高めであるものの、高額キャッシュバックで還元され、トータルコストを計算すると、ややキャッシュバック型の方が安くなるのが特徴です。

 

しかし、キャッシュバック型は、受取に失敗する方や、受取を忘れる方が多くいるので、最近は人気が無い傾向にあります。

 

また、受取に失敗すると、トータルコストが大きく跳ね上がってしまうので、リスクを伴うというのが特徴です。

 

そいう言う意味で、GMO WiMAX得の極みキャンペーンは月額割引型なので、キャッシュバック受取の失敗のリスクが無く、月々の支払いもしやすいWiMAXになります。

 

一番安い

 

上記説明の通り、WiMAXを契約するなら、2年契約月額割引型が一番おすすめになります。

 

2年契約月額割引型のWiMAXは、販売するプロバイダーは大分少なくなってきたのが現状です。

 

しかし、その中でGMO WiMAXがトータルコストが一番安いWiMAXになりますので一番おすすめです。

 

WiMAXは、プロバイダーごとに細かなサポートは微妙に違いますが、販売する端末も電波の品質も、どのプロバイダーで契約しても同じですから、料金が安いWiMAXを購入するのがお得になっています。

 

2年契約月額割引型のWiMAXの他の選択肢

 

GMOとくとくBB得の極みキャンペーン

 

・カシモWiMAX
・3WiMAX
・DRIVE WiMAX

 

これだけしかありません。

 

もし、GMOとくとくBBの得の極みキャンペーンが本当にいいのかな?とまだ迷われている場合は、2年契約月額割引型WiMAXの今月の料金ランキングを1円単位で計算していますので、こちらをご覧下さい。